〔 月経困難症
 ― 血流を改善し、経血をスムーズに排出。からだをリセット! 〕

お血の原因を漢方薬と養生で取り除き、治療

すべての原因となるお血 排血をよくし、症状を改善

月経時に排出される血は、不要になったホルモンや子宮内膜。これをきちんと出し切ることで、女性のからだは毎月、新しく生まれ変わることができるのです。ところが、月経痛を訴えて来られる方のお話をうかがうと、ほとんどのケースでお血が原因になっています。

お血とは、滞ってドロドロになっている血液。お血があると月経初日から下腹部中央に強い痛みを覚え、経血が黒ずみます。経血にレバー状の塊が見られ、これが排出されると痛みが軽くなるのも特徴です。お血による痛みは、この塊を排出するために子宮が収縮することで現れるもの。血流をよくし、塊をなくすことが治療の基本です。左ページの処方で血の流れをよくし、月経血をスムーズに出し切るようにしてください。

タイプによって症状の出方にも差が・・・ 偏りを見極める

では、お血はなぜ起きるのでしょうか。主な理由として、ストレスと冷え、虚弱体質、炎症があげられます。

● 月経の始まる1〜2日前から、左右両側の下腹部に張った痛みが起こるようになり、乳房痛、頭痛、イライラ、憂うつなどが見られる場合、ストレスによるものと考えられます。ストレスで子宮口が緊張・痙れんして狭くなったところに、無理やり排出させようと子宮が収縮することが、直接の痛みの原因です。代謝と同時に精神・感情系に関与している肝の働きを改善して、からだをリラックスさせ治療します。

● 月経前から月経中にかけて下腹部の冷えと激しい痛みが見られる場合、からだ全体の冷えによると考えられます。寒くなると川の水が凍って流れが悪くなるように、子宮からの経血がスムーズに排出されず痛みが起こるのです。日ごろからズボンと靴下をはく、冷たい飲食物や生ものはとらない、寒いときは腰にカイロをあてるなど、からだを温めることがポイントとなります。

● 月経の終了前後、または終了したあとに、シクシク痛みがみられ、痛むところをマッサージするとラクになる場合、気血が不足してスムーズに流れなくなった状態だと考えられます。月経量が少なく、色の薄いのも特徴。虚弱体質、慢性病、過労、胃弱などにより、気血が作られないのが直接の原因なので、胃腸の働きをよくして、気血の育成をはかることに重点をおいて治療します。

● 月経期以外にも下腹部に灼熱感と痛みがあり、黄色く嫌なにおいのおりものがある場合、子宮や膣の炎症が疑われます。不衛生な性交や、日ごろからの油っこい食べ物、甘いものなどの過食が原因に。まず炎症をとることが治療の中心です。

お血の改善と合わせて、これらを正すことが必要なケースは多いもの。西洋医学の鎮痛剤を使う際も、漢方の血行促進剤と、これらの偏りを正すおクスリを併用することが、解消への近道です。

月経困難症のタイプ別処方例

お血の場合 血の塊をなくし血流をサラサラに
→ 桂枝茯苓丸、血府逐お湯、冠心U号方、桃核承気湯、折衝飲、きゅう帰調血飲第一加減
(子宮内膜症が原因と分かっている激しい痛みでは、莪朮、三りょう、桂枝などを併用)

ストレスがある場合
肝の働きをスムーズにして心身をリラックス、安定させる
→ 逍遥散、加味逍遥散、四逆散

冷えがある場合
からだを温める
→ 急激な冷えで起こった場合は当帰四逆加呉茱萸生姜湯、五積散(日ごろから冷えており、特に腰や足が冷えてだるさもある場合は温経湯を)

気血不足の場合
気血の育成をはかり、からだを元気にさせる
→ 十全大補湯、当帰養血膠、補中益気湯合当帰芍薬散

炎症がある場合
炎症を鎮める
→ 温清飲(黄色いおりものが目立つときは竜胆瀉肝湯を)

月経痛をとる耳ツボ

爪楊枝の頭などで押してみて!痛みがとれないときには田七人参の併用を。

(月刊 『 寿 』 2005年3月号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます