〔 生活を改善し、病気を防ごう 〕

高血圧、動脈硬化、がん、脳卒中、心臓病、肝臓病、糖尿病。これらの病気の多くは、不規則な生活習慣から生じてくることが多く、生活習慣の改善が、病気の予防や治療になっています。一度、生活習慣の見直しを。

● 一人ひとりが名医に

中国最古の医学書といわれている『黄帝内経』に、次のような内容が書かれています。

「病気にかかった人を治すより、病気になるかもしれないような状態の人を治すのが名医。まず、病気にならないように心掛け、既にかかってしまっている場合は、それ以上悪くならないようにする」

私たちは、現代の名医であるべきです。病気の予防・治療は他人任せではなく、自ら健康・養生に注意を払い、病気を未然に防止することが重要です。

● 血流をよくする生活を

生活習慣病を引き起こす原因の一つに、血液がどろどろの状態となって流れにくくなっていることがあげられます。中国医学では、これを?血と呼んでいます。一方、コレステロールや中性脂肪は、代謝できなかった余分な食べ物。脂濁と呼ばれます。これが体内の余分な水分とともに、?血の原因となるのです。血液の健康管理が、生活習慣病の予防・治療となります。自分の日常生活をチェックし、改めましょう。

まず、食事面。そもそも、人の歯の構成は、獣肉をかみ砕くための犬歯が四本、野菜や果物、魚を食べるための門歯が八本、米や麦など、穀物類をかみ砕いてすり潰す臼歯が二十本となっています。つまり、私たちの食事は、獣肉を一、野菜や果物、海藻や魚をニ、穀物を五のバランスでとるようになっているのです。魚・緑黄色野菜・海藻・果物の中には、血液をきれいにする成分が含まれています。

次に、運動面。全身の筋肉を使い、その割にからだへの負担が少ないのが、ウォーキングです。歩くだけで心臓を活性化させ、血圧やコレステロール、中性脂肪値を下げ、動脈硬化を予防する働きがあります。日ごろから運動不足の人は、時間などを考えずに、とにかく歩いてみましょう。ただし、靴選びにはこだわりを。アスファルトなどの硬い地面では、着地したときに膝や踵に負担をかけてしまいます。終了後、あまり疲れを感じない程度に続けること。「気持ちいい、楽しい、効果が分かる」。これがポイントです。

ストレス解消も大事。腹式呼吸は心を落ち着かせます。ゆっくりと息を吐きながら、苦しくなったら息を吸う。これはどこでもできることです。試してみてください。

(月刊 『 寿 』 2001年9月号掲載)


      閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます