「中国漢方と家庭医学」

なぜ冬にめまいが?これは私見なので気楽にお読みください。去年は暑い夏が長く続き、秋がなく冬に。夏に取った大量の水分が秋に体から抜けず脳へ十分な栄養が届かず、回転性のめまいが起こるのです。胃の中で水の音がすることも。苓桂朮甘湯や半夏白朮天麻湯などを服用。痛みの主な原因は冷えと湿気で温めると楽になり、冷えるとひどくなります。曇りや雨の日に痛みが激しくなる、手足が重く動きが不自由などが特長。体を温め余分な水を取り除く五積散や独活寄生湯などを。
ノロウィルスも消化器官に停滞している水の異常が原因、香正気散を服用。寒いと新陳代謝がうまく行われず余分な水分も抜けないので、今年の花粉症の症状は透明の鼻水に、くしゃみ。体を温めて水はけを良くする苓甘姜味辛夏仁湯や麻黄附子細辛湯などを使い分け、予防には衛益顆粒を。

(『ぱぺる』 2013年2月9日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます