「冷え冬の風邪対策」

「風邪は万病の元」と言われ、様々な病気を引き起こす原因にもなります。特に受験生や子供、老人、慢性病を抱えているご家庭は要注意。風邪には赤い風邪、青い風邪、黄色い風邪があり、治療方法が異なります。
「赤い風邪」:発熱、のどの腫れや痛み。体の熱をとる天津感冒片や涼解楽
「青い風邪」:寒気を主とする。頭痛、肩こり、関節の痛みなども。体を温めて治す葛根湯を服用
「黄色い風邪」:胃腸型で吐き気や下痢の症状。胃腸症状も改善する勝湿顆粒を服用。ノロウィルスには板藍根や五行草を併用。この二つの生薬はインフルエンザの治療にも使われます。風邪かなと思ったら30分以内に服用してください。予防には衛益顆粒に板藍茶。これらの漢方薬を家庭に常備しておくと良いでしょう。症状が改善したら体調を改善していきます。

(『ぱぺる』 2013年1月26日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます