「痛みと漢方」

腰痛や神経痛、リウマチでお悩みの方には辛い季節になってきました。冷えると痛み、温めると楽になりますが、誰もがそうではありません。痛みを起こす原因が邪気、対抗するのが正気で、痛みを起こす人は、正気不足。邪気を追い払い、正気を高める漢方薬には最近、漢方の本場から輸入された独歩顆粒。足腰の冷える人で、臨床的には慢性腰痛や膝関節痛、腰部椎間板ヘルニア、骨粗しょう症、腰部脊柱管狭窄症、慢性関節リウマチなどに用いられます。主成分の独活という植物は、どんなに風が強くても独りで活き活きと立っているほど強い性質だとか。一人では歩けず、介護が必要な人には強い味方のようで期待してしまう漢方薬です。慢性の人には冠元顆粒や田七人参など血のめぐりを良くする漢方薬を併用。私の愛用漢方薬の一つです。

(『ぱぺる』 2012年11月10日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます