「お肌のシミ(肝班)」

お肌のシミで困っていませんか。シミ(肝班)は顔面、特に前額、頬、鼻の下、目や口のまわりに左右対称にできる、褐色または黒ずんだ色素班のこと。原因はよくわかっていませんが35歳以上でストレスがたまりやすい傾向のある人に多く見られます。「皮膚は内臓の鏡」「肝班」と言うことから、内臓の肝と関係があるようです。肝には気血(体のエネルギーや栄養に相当する)の流れをスムーズにする重要な働きがあり、これがストレス等で阻害されるとイライラなどの精神症状や生理不順、血行不良の一つとして肝斑が現れます。気血のめぐりをスムーズにする逍遥散や加味逍遥散に、血行をよくする丹参製剤や田七人参を併用。ホルモンのバランスが崩れ足腰がだるい人には杞菊地黄丸。中国では沙棘(サージ)という果実がよく使われているそうです。

(『ぱぺる』 2012年8月25日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます