「ストレスと漢方」

人生の分岐点、迷います。なかなか決断できません。肝っ玉が小さいと言われそうで、ますます自信を失いそうです。中医学では、胆(胆嚢)は人の精神活動と深い関係がある臓器と考えられていて、物事にびくびくする、不安を感じる、決断に迷うといった精神症状を【胆寒】と言っています。いわゆる胆を冷やすといったところでしょうか。寒いといっても冷たいイメージではなく、胆の異常によって起こる不安感や恐怖感、驚きなどの精神状態を表しているものだと思います。ですからここは胆を温め(強め)、胆力をつける温胆湯の出番です。この処方は、これからの蒸し暑くて寝苦しい夜にもぴったりの処方です。自律神経過剰緊張症の人にはシベリア人参を併用します。そして、腹式呼吸法も忘れずに。舌に苔がある人には、なおピッタリです。

(『ぱぺる』 2012年7月14日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます