「インフルエンザ対策」

インフルエンザ予防には「うがい手洗い板藍茶」。板藍茶は抗菌、抗ウィルス、解毒作用に優れた漢方薬で中国では常備薬の一つです。この時期、中国では帰宅したら板藍茶でうがいし、健康茶として愛飲。学校の校門前で板藍茶を子供たちに飲ませ流行を防いでいるので、インフルエンザによる学級閉鎖はないそうです。そして衛益顆粒。これはウイルスの体内侵入を抑えるガードマン。体内に侵入したら警察官に早変わり。素早く捕まえて体を守ります。衛益顆粒+板藍茶はウィルス対策の最強コンビ。これに鼻の特効薬鼻淵丸を合わせたら花粉症対策に◎。受験生やお年寄り、子供、慢性病を抱えてる方は早く予防しましょう。発熱しノドの痛みを訴えたなら天津感冒片、おなかに来たら勝湿顆粒。高熱や咳には麻杏止咳顆粒や牛黄を加えます。

(『ぱぺる』 2012年1月28日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます