「男性不妊」その7

男性は日頃の不摂生が性欲や精子の運動率、数に影響を与える場合があります。この状態が検査で3回以上続いたら要注意。でも、無精子症などでない限り、生活養生と漢方薬でかなり改善されます。精子の寿命が75日ということなので、確実性を求め漢方薬を最低3ケ月間服用。次のような人は漢方薬の服用を考えてみて下さい。●帰宅は22時以降●ゆっくり休めずストレス過多で多忙●やる気が出ず疲労感がある
夜、その気になれない時は翌朝や昼間にトライしてみては。環境が変わると刺激が生まれ易くなります。それでも性欲がわかない人は、精力を高める黒い・ぬるぬる・ねばねばの食べ物を。睡眠も大切。寝付けない時には安神薬。心の鎮静をはかり、熟睡感が得られます。腰痛、白髪が増えてきた、髪が薄くなってきた人は早めの手当てを。

(『ぱぺる』 2011年9月24日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます