「花粉症対策」その1

今年の花粉量は、去年の10倍とのことですから、早めの対策が必要です。10倍だからといって10倍の症状悪化という意味ではありませんので誤解のないように。でもこれだけ多いと、花粉症デビューという人がいるかもしれません。そろそろ聞こえてくるかもしれませんよ。「あいさつはクシャミ」の合図が。
西洋薬を飲めない人は漢方薬をぜひお使いください。まず、予防と根本治療。中医学では症状が起きている部位、粘膜を強化。皮毛と筋肉のところに異常が起きていると考えます。皮毛は肺、筋肉は脾の内蔵と繋がっているため、肺を強化する衛益顆粒と脾(消化器系に相当)を強化する星火健脾散を基本処方とし、症状に合わせて漢方薬を併用します。他に、鼻づまりに耳つぼ、ふくらはぎにあるつぼに鍼も即効性があり有効。次回も続きます。

(『ぱぺる』 2011年2月12日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます