「ガンの治療前・中・後の養生」その9

中国で開発された抗ガン生薬が日本でも発売されています。ただ飲めばいいというものでもなさそうで、独特の効かせ方があるようです。
重症の人、術前・術後、放射線治療、化学療法中の人は多めに。就寝前に服用することも勧めています。西洋医学では抗ガン剤を夜の零時に行っていますが、漢方薬も同じように行います。就寝前に服用してくださいと言われたらそれを守ったほうが効果的だとか。
服用方法も大切です。食事1時間前に服用します。これには理由が3つあります。@空腹時なので吸収がよい。A胃の働きを良くし、食欲が高まるから。Bほかの薬との併用を避けるため。
80度以上の白湯を50CC。良く溶けておいしく飲めます。漢方薬でも効果を出す飲み方をする事が大切です。

(『ぱぺる』 2010年12月25日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます