「ガンの治療前・中・後の養生」その5

ガン患者さんは、検査もストレスとのこと。検査を受けなきゃいけないというストレス、検査自体のストレス、結果が出るまでのストレス。どうしても悪いことばかり考えてしまう。手術前であったらなおさら。それでなくともガンの手術は大手術になることが多く、患者さんには大変な気力と体力が要求されます。ゆえに、心身を健やかに体力を付けて手術に臨むことが大事です。
中国漢方では、患者さんの心理状態や体質を見極め、手術への恐怖を取り除き、正気溢れる身体にしていきます。緊張、恐怖の心理を和らげる疏肝解鬱、養心安神薬、手術に耐えうる体力をつける補気薬や気血双補薬、ガン進行のスピードを抑制する生薬など。手術の際の出血過多や術後の血栓防止のための漢方薬も考える必要があります。

(『ぱぺる』 2010年10月23日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます