「ガンの治療前・中・後の養生」その4

西洋医学のガン治療は手術、放射線、化学療法。大切なのは患者さんを忘れない治療。マイナス思考に陥り、自分や家族を苦しめることがあります。家族は「第2の患者」と言われるほど大変です。「人間死ぬのは確実、いつ死ぬかは確率」と聞きます。ガンの治癒率(5年生存率)は現在、50%近いそう。死ぬ確率は100%とのことなので、お迎えが来るまで苦しみから逃れ快適に生きるのも1つの方法かもしれません。中国漢方では次の5つを大事にしています。(1)生活の質(QOL)の改善(2)生存期間と生存率の向上(3)腫瘍サイズの縮小(4)再発、転移防止(5)治療による副作用の防止。
快適な状態を保ちながら治療によるマイナス面を避けるようにすることが目的。人生に笑いを取り入れながら養生するのも大切です。

(『ぱぺる』 2010年10月9日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます