「ガンの治療前・中・後の養生」その1

不妊・皮膚病・痛み・肥満と並んで相談の多いのがガン。総合病院が近くにあることもあって、漢方薬でどうにかならないかと相談に見えます。相談内容の多くは、治療における副作用の軽減、術後のケア、再発防止、予防等。当然、西洋医学的な診断や3大療法の外科的手術、放射線治療、科学療法は外せません。漢方薬を併用することで体調を整え、免疫力を上げれば西洋医学における苦痛を避けることができるのではないかというのです。中国でもこの考えに行き着き、ガンという共通の敵と戦うために西洋医学と中国漢方が手をつなぎ補い合い、治療を進めています。これは中西医結合と呼ばれています。病院研修に行ってきた人の話では、末期ガンの患者さんでも元気で明るいのが印象的だったそうです。次回も続きます。

(『ぱぺる』 2010年8月28日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます