「夏の養生」その2

毎日暑く、疲れやすいですね。これは暑さで、汗と一緒に体のエネルギー源の気が外に漏れてしまうことが原因です。これを中国漢方では気陰両虚と呼びます。疲れやすい、動悸息切れ、汗が粘つく、肌がカサカサする、口が乾くなどの症状が現れたら早めの対応が必要。お勧めは麦味散顆粒。汗の出過ぎを防ぎ疲れを取るので、熱中症や夏バテ予防に使われます。中国では、狭心症や心筋梗塞の治療に血行改善薬とともに用いられました。外で仕事する方はスポーツドリンクに入れて飲んでください。スポーツにも有効で息切れがなくなり、持久力がつくと評判です。血行改善薬との併用で効果アップ。高い死因のゴルフを始める前に服用するとよいでしょう。さらっとした汗、疲れにくくなったと感じたら効いている証拠。特に、心臓の弱い方にお勧めです。

(『ぱぺる』 2010年8月13日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます