「アトピー性皮膚炎について」その31

夏の暑さは体に紅斑(赤み)のある人の皮膚病を悪化させます。体内の熱を上手に冷ますこと。食べ物は旬のものを。緑豆の冷たいスープはいかが。水に1〜2時間浸したものを水と一緒に火にかけ、弱火で30分から1時間程煮込み、室温程度に冷まして食べます。味付けは、あっさり。脂っこいものや甘いもの、味の濃いものは熱を生み、喉の渇きを招きます。どうしても口が渇くときには、酢の物や梅干しを。汗のかき過ぎも防ぎます。
 飲み物は烏龍茶や緑茶がお勧め。温かいものか室温程度(涼茶)に。中国では冷蔵庫で冷やした「冷茶」を飲みません。冷たいものは胃の働きが鈍り、体によくないからです。中国人は、日本人が自販機で買った冷たいお茶を飲む姿にとても驚きます。まるで自殺行為だよとでも言いたそうに。

(『ぱぺる』 2009年7月11日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます