「セックスレス」

私が所属している日本性科学会では「セックレス」の相談が増えています。三十代が最も多く、続いて二十代、四十代、五十代。子づくりとストレス過多の世代です。あるアンケートでは「面倒くさい」「セックスより楽しいことがある」が理由の上位でした。セックスを通じた相手への関心がなく、不妊の原因に。さらにEDなどの性交不能、女性では性的興奮が充分でなく膣潤滑液が少ない、または経験不足の緊張や不安による性交痛などみられてきます。講習会で、性交痛とEDカップルのカウンセリング方法について出題されましたが、確実に増えているように思います。男性はバイアグラなどの薬物治療、女性は潤滑ゼリーやホルモン補充療法を用います。若い人には漢方療法もおすすめ。潤いが増し感度もよくなったという方がいらっしゃいました。

(『ぱぺる』 2014年10月11日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます