「夏バテ対策」

夏バテは、中国漢方では発汗過多による体液減少と、汗とともにエネルギー源である気が消耗して起こると考えています。つまり気力と体液が同時に失われた状態です。疲労倦怠感、動悸、息切れ、動くのが面倒の状態は気の不足によるもの。汗のかきすぎによる体液不足では水分を欲する、のどの渇き、唇や皮膚の乾燥、午後の熱感、のぼせ、手のひらや足の裏のほてりなど。治療方法は失われた気を補い体力をつけ、同時に体液を補充して体に栄養と潤いを与え、体の熱を冷まします。
代表処方は、麦味参顆粒や清暑益気湯、西洋人参など。食欲不振には香砂六君子湯を併用。不眠や受験で頭を働かせている人には西洋人参に天王補心丹を加えると効果的です。麦味参顆粒を飲むと、汗がサラサラになっていきます。効いている証拠。お試しください。

(『ぱぺる』 2014年8月30日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます