「痛みと漢方薬」その11「手足のしびれ、むずむず感を治す」④

経験した人でないと分からない不快な手足のしびれ、むずむず感。こんな症状でお困りの方は中国漢方に知恵を応用して、根本から不快な症状を治していきましょう。最後は、[加齢によるタイプ]
このタイプの特徴は、気血がめぐらないだけでなく、同時に体に老化現象がみられることです。足腰が弱い、力が入らない、腰痛、膝痛、関節が動きにくい、めまい、耳鳴り、物忘れ、白髪、夜間多尿などです。よく使われる処方は独歩顆粒や牛車腎気丸など。これで症状が改善されない場合には、さらに地竜と食用の蟻を併用します。その特徴から細い血管にも作用し、気血の流れを良くし、しびれや痛みをとってくれます。これを引経通絡作用といいます。老化に伴う血行不良にはとても良い生薬です。

(『ぱぺる』 2014年8月9日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます