「痛みと漢方薬」その10「手足のしびれ、むずむず感を治す」③

経験した人でないと分からない不快な手足のしびれ、むずむず感。中国漢方の知恵を応用して、根本から治していきましょう。キーワードは「温」「通」「養」の3つ。今回は最後の「養」。このタイプには原因が2つあり、ひとつは日頃から体が虚弱の場合。もうひとつは加齢によるものです。

[体が虚弱なタイプ]
このタイプの特徴は、気血不足つまり、エネルギーや栄養の不足が原因でおこり、疲労感や息切れも同時に表れます。この他、めまい、動悸、不眠、風邪をひきやすく治りにくい、足がよくつるなど。若い女性などにもよくみられますので日頃の養生が大切です。生薬ではナツメやクコの実、中国漢方では補中益気湯+婦宝当帰膠がよいでしょう。食欲がない方には健胃顆粒を併用します。

(『ぱぺる』 2014年7月26日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます