「痛みと漢方薬」その8「手足のしびれ、むずむず感を治す」①

手足がジンジンしびれる、小さな虫が這っているようなむずむず感。このような手足の感覚異常でお困りの方が多くみられます。中国漢方による改善方法のキーワードは「温」「養」「通」の3つ。

(1)「温」める
寒さに弱く冷えによりおこるタイプです。中国漢方には「寒さは気血の流れを滞らせる」「気血の流れが滞ると痛みが起こる」という考え方があります。気血とは体内を流れ、体に栄養や潤いを与える物質のことです。症状のポイントは、〔しびれ、むずむず〕+痛み、冷え。寒いと症状が悪化し、温めると楽になる。治療方法は体を温め、血の流れを良くする漢方薬の服用です。桂枝加朮附湯に、痛みやしびれをとる海風藤含有食品や、食用アリ含有食品を併用します。次回も続きます。

(『ぱぺる』 2014年6月28日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます