「痛みと漢方薬」その7「痛みの治療方法」③

梅雨は、体に痛みをお持ちの方には辛い季節です。暑さ、寒さ、湿気などの自然現象が身体に影響を及ぼし、病気を悪化させるからです。先日も関節リウマチや慢性腰痛でお悩みの方が立て続けに見えました。原因は、エアコンによる寒さと湿気でした。これらが体にとりつき、体内を流れ、体のエネルギーや栄養となる気血の流れが悪くなり関節の痛みや運動障害となって表れてきたのです。寒さによる痛みは温めるとよくなり、冷やすと悪化します。湿気によるものは、体や関節がおもだるく、むくみやしびれがみられます。そして粘着性の性質をもち、なかなか取れず、病気を長引かせているのが特徴です。この時期、アトピー性皮膚炎が悪化するのも、なかなか治りにくいのも湿邪が絡んでいるからです。
次回は、治し方について。

(『ぱぺる』 2014年6月14日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます