「アトピー性皮膚炎について」その22「食養生法」

次のものの摂りすぎに注意。
(1)甘いもの(チョコレートなど)/湿を生みやすく、ジュクジュクした湿疹に良くない。
(2)油もの(揚げ物、ポテトチップスなど)や肉類/ジュクジュクや赤みの原因となる湿熱を生じやすい。
(3)香辛料の強いもの(キムチやカレーなど)/熱を生じ、赤みのある湿疹に良くない。
(4)加工食品(ファーストフードやスナック菓子)
(5)高タンパク質のもの(牛乳や卵など)
(6)アルコール類/湿熱を生じやすい。
(7)生もの、冷たいもの/胃腸を冷やし、消化吸収を妨げ、湿が生じやすい。
(8)たばこ/熱毒を生じやすい。
これらの多くは、中医学でいう脾胃(消化器系)に負担をかけ、湿を生じやすくします。それが熱と化し、ジュクジュクや赤みを悪化。漢方薬の効果を上げるためにもきちんと食養生しましょう。

(『ぱぺる』 2009年2月28日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます