47.更年期障害と中国漢方N「秋は辛い?」その2

「更年期」はよく「人生の秋」に例えられますが、それに対応するのが「思春期」。
懐かしい響きですね。 「更年期障害」で悩まないためには? 中医学では、「更年期障害」は腎(泌尿、生殖、ホルモン系の働きを持つ)に蓄えられている腎精(生命を維持する貴重な物質)の不足により起こるものとされています。皮膚粘膜の乾燥もそのひとつです。

50〜54歳の女性の半数近くが性交痛を訴えているそうです。夫の求めに応じられず、夫婦仲が悪くなっているとか。これに先程の腎を補う薬、たとえば双料参茸丸を服用し、局所には潤滑ゼリーを使用します。補腎薬を続けますとそれだけでもOKになっていきます。
皮膚だけでなく人生も潤いのあるものでありたいと思います。

(『ベターライフみと』 10月3日掲載) 


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます