18.「のどのつまり」その1

 病院の検査では異常がないのにのどがつまってしかたがないという人がいます。
  女性に多くみられ、肉の固まりや梅干しの種がひっかかっているようだといいます。呑み込んでも呑み込めず、吐き出そうとしてもでません。
  精神的にも不安定であり、胸がふさがっている、脇腹が張って苦しいという人もいます。
  これは中国漢方では「梅核気(ばいかくき)」と呼ばれるもので、ストレス等によって消化器系に負担がかかり、水分代謝が滞り、痰となって喉にとどまって症状がおこるというのです。
  気のせいだけではありません。ちゃんと病気のメカニズムがわかっています。
  半夏厚朴湯(はんげこうぼくとう)を試してください。それから、スローライフを心掛けて。

(『 ベターライフみと 』 2007年04月27日号掲載)


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since 1996 フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます