今話題の食品・サプリメントを探る!第1弾!

今号から始まりました「フローラ調査隊が行く!」。巷で話題の食品・サプリメント等にスポットを当て、フローラが総力を挙げて調査致します!今回は、健康食品として話題のにがりを検証致します。 「にがりダイエット」や「にがり化粧水」など、テレビや雑誌で毎日のように紹介され、最近ではスーパーでも手に入るようになった「にがり」とは、一体どんな食品なのでしょうか?

 

■にがりについてのQ&A

Q にがりとは?
A 海水を煮詰めて塩をとった残りの濃縮液。主に豆腐の凝固剤として使われています。
Q にがりの栄養成分は?
A 漢字で「苦汁」と書くほど非常に苦いにがり。苦味の元は、豊富なミネラル分。主成分はマグネシウムで、他に、ナトリウム・カルシウム・鉄など60種類以上のミネラルを含んでいます。マグネシウムは、高脂肪・加工された食事には量が少なく、現代の日本人の食生活において不足しやすいミネラルのひとつです。緑黄色野菜・玄米・豆類・ナッツ類などに多く含まれ、1日の所要量は男性で280〜320mg、女性で240〜260mgです(納豆1パック100gで、マグネシウム約100mg含有)。摂取する上での上限量が六訂食品成分表で1日700mgまでと定められています。
Q マグネシウムの働きは?
A マグネシウムには、便を軟らかくして便の排出をスムーズにしたり、腸管内の脂質の吸収速度を遅らせ、脂肪の合成を抑える作用があることから、肥満を予防する働きがあるとも言われています。また、カルシウムが骨になるためにも不可欠な存在です。
Q 注意する点は?
A 食事で補いきれない分のマグネシウムをにがりからとることは悪いことではありません(下の手作り豆腐を参照)。しかしとり過ぎると、下痢になることがあります。特に腎臓に障害がある人は、ミネラルが尿にうまく排出できずに神経や心臓機能が低下するなどの問題があります。にがりに含まれるナトリウムの摂りすぎで、血圧が上昇するおそれもあるので、わざわざ多量にとることはやめましょう。にがりはあくまでも天然食品ですから、マグネシウムやナトリウムが製品によってどのくらい含まれているかはわかりません。「一度に多量を使用しないように」と表示されていますが、中にはにがりの原液を200ml飲んでしまった人が死亡した事故も報告されていますので注意してください。

天然にがりでおぼろ豆腐をつくろう!

おぼろ豆腐は、ご家庭でもすぐ簡単に作れ、温かいままでも冷やしておいしく召し上がれます。天然のにがりを使った豆腐は、ほのかな甘さが口の中に広がり、濃厚な風味も楽しんでいただけます。だしわり醤油をかけたり、お好きな薬味を添えてみても。
作り方
@ 豆乳1リットルを鍋に入れ、弱火で焦げないように、木ベラでかきまぜながら温める
A 約75℃になったら火から下ろし、木ベラで時計回りに混ぜて渦を作り、天然にがり10ml(液体にがりを使用)を一気に入れる
B 4〜5回ざっくりとかきまぜると固まってくる
C 10分ほどそのまま置き、おたまですくって器に盛りつける

注意点☆使用する豆乳は必ず無調整の10%以上のものを使いましょう。濃ければ濃いほど上手に固まります。☆にがりの量は、ここでは豆乳100:にがり1の比率にしましたが、豆乳やにがりの濃さ、メーカー等によりかなり違って来ます。製品の説明書に従って適量をお使い下さい。

 

 

-健康情報メインページに戻る-

Flora Web Site Since1996. フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます。