年末年始の外食・宴会食を上手に食べるコツ

クリスマスや、忘年会、新年会など行事が多いシーズンを迎え、外食や中食(持ち帰り惣菜、お弁当、レトルト食品)を選ぶとき、1日に指示されたカロリーをどのように配分するか迷ったり、判断がつきかねることはありませんか?そんなときは店頭やメニューの写真やフードモデルをみて、野菜と主菜(お肉やお魚などのおかず)の量と、バランスがとれているかチェックしましょう。量が多いときには残す勇気も必要です。宴会料理はアルコールが心配です。気分が大きくなってコップ1杯のつもりが、ついつい飲みすぎてしまう・・など。アルコールはエネルギーの過剰から血糖コントロールなどを乱しがちです。洋食のコースの時は最後のデザート(ケーキなど)に注意して、楽しくいただきましょう。イベントを楽しむためにも日ごろの食事と運動が大切。お出かけの際、薬も忘れずに持って飲んで下さいね。


   忘年会や新年会での飲みすぎに要注意!!


アルコールの種類

1回量

エネルギー量(単位)

生ビール大ジョッキ

1杯

272kcal(3.4)

生ビール小ジョッキ

1杯

160kcal(2.0)

缶ビール(350ml)

1本

136kcal(1.7)

瓶ビール

1本

248kcal(3.1)

日本酒・とっくり

1本

168kcal(2.1)

日本酒・杯

1杯

16kcal(0.2)

白ワイン・グラス(60ml)

1杯

64kcal(0.8)

赤ワイン・グラス(60ml)

1杯

56kcal(0.7)

チューハイ

1杯

112kcal(1.4)

ウイスキー・シングル

1杯

72kcal(0.9)

ブランディー

1杯

128kcal(1.6)

☆糖尿病の方のアルコール摂取量は、主治医に相談しましょう。 薬とアルコールの飲み合わせは薬剤師におたずねを。


★ 栄養士コーナー 〜茨城県産を使った今月のおすすめ料理〜

今回は、みなみ赤塚クリニックのお料理教室で管理栄養士の小室秀子先生から教えていただいた「御節(おせち) 料理」をご紹介。糖分、塩分控えめで作り方も簡単です。

<のし鶏:1枚約5人分>
材料
鶏ささ身挽肉 200g
A:酒 大1
減塩醤油・マービー 各小1
B:酒・減塩醤油・マービー 各大1
油  大1/2
白ごま(けしの実)

作り方
@挽肉にAを加え空気を入れるようにして練り、10×10cmの大きさにホイルにのばします。
Aフライパンに分量の油を入れホイル側を上にして焼き、6分通り火が通ったらホイルをはがしごまをつけ裏返して焼きます。焼き上がりにBの調味料を加えからませます。
B矢ばねに切って竹串を刺しましょう
<田作り:4人分>
材料 
ごまめ 30g
マービー 大1
減塩醤油・出し汁 小2
生姜汁 小1/2
赤唐辛子 少々
作り方
・ごまめは腹わたを取り、フライパンにホイルを敷きから炒りします。 ホイルをはずし分量の調味料を煮立て(ふつふつ・・・)ごまめを入れ煮からめます。 ごまをふっても良いでしょう。
<岩石卵:6人分>
材料
茹で卵 3個
マービー 大2
塩 1g
作り方
・茹で卵は黄身と白身に分け、黄身は裏ごしし、白身はざくざく切り分量の調味料を混ぜます。 巻きすに巻いて強火で5〜6分蒸します。切り分けて盛りつけます。
<菊花かぶ・花人参・花蓮根:1人分>
材料
かぶ 2個
人参・蓮根 各30g
甘酢 (酢大2、出し汁小2、マービー小2を煮立てたもの)
ゆずの絞り汁 少々
作り方
・かぶは皮を剥き切り離さないように工夫しながら細かい格子状に切り、 人参、蓮根は花型に切って茹で甘酢とゆずの絞り汁に漬けます。
<たたき牛蒡:1人分>
材料 牛蒡 30g
白いりごま 小1/2
マービー・減塩醤油・酢 各小1/3
味噌 小1/2
作り方
・牛蒡は洗って5cm長さに切って4つ割り、塩を少々入れて茹で、叩きます。 ごまと分量の調味料と合わせ和えます。

 



お薬やお食事のことについてご質問があるときは、
お気軽にフローラ薬局の薬剤師・栄養士までお尋ねください。

【発行責任者・監修】薬局長・NR 篠原久仁子
【編集スタッフ】薬剤師・針灸師・NR 入野 真規子、薬剤師 松本 唯、薬剤師 菊池 聡、栄養士 荒張 佳恵
 
-健康情報メインページに戻る-

Flora Web Site Since1996. フローラ薬局 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます。