〔不妊と精力減退・女性編〕
実は、精力減退は男性ばかりでなく女性にもあるのです。性交の欲望や性的興味がない冷感症。性交の欲望はあるが、性交快感やオルガスムスが不充分な不感症のどちらかがみられます。原因としては、性交に対する不安などの心因性によるもの、ホルモンの不足や内分泌の異常、子宮内膜症などの婦人科疾患による局部の痛み、過労などによる体力の低下などがあげられます。気になる人は、一度お医者さんに相談してください。中国漢方では男性と同じような分類で治療をします。@気虚タイプ(肉体的疲労によるもの)心身ともに疲れているため性交の意欲に乏しく、性交しても潤滑液の分泌が少ないので、痛みだけで快感が得られない。A気滞タイプ(精神的疲労によるもの)職場における人間関係のトラブル、性生活の不調和や緊張、不安、憂鬱。イライラ、怒りっぽい、生理前に乳房が脹って痛む。B腎虚タイプ(老化現象、運動不足によるもの)生理の量が少ない、手足や下腹部、腰の冷え、基礎体温の曲線が上がりにくい。若いときに比べて、燃え上がるエネルギーが弱くて興奮しにくい。さらに、長年の結婚生活におけるふたりの間のマンネリ化が拍車をかけているのが現状です。中国漢方治療を始めると基礎体温表の改善とともに性生活の不満がなくなっていく人が多くいます。

≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます