「中国漢方と不妊症」
産後の養生①


中国では、産後1ケ月から100日の間の、「産後の養生」をとても大切にしています。これは、体のエネルギー源である気や栄養物である血、体に潤いを与える水の不足を補うためです。これを怠ると体力が低下して大事な育児に差し支え、産後うつや育児ノイローゼになる人も。また、免疫力なども落ちやすくなり、気管支喘息や関節リウマチなどの難病もおこってきます。よく「産後の悪露尽きず」といいますが、これは産後、体外へ排出されるべき不要な血が体内に残って、汚れた血つまり瘀血となり、そのために病気が起こると考えました。

産後の体質チェックは次の3つ。腹痛は?(悪露の排泄状況を見る)、便通は?(出産時に排出された体液の有無を確認)、母乳の出は?(気血の有無の確認)。産後は気血水を補い、巡りを良くし、悪露の排出や子宮の回復を促して良質の母乳が作れるようにすることがポイントです。体を冷やさないことも大切。冷えは体を縮こませ、流れを妨げるからです。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます