「中国漢方と不妊症」
芸能人の出産①


先日、俳優の東出昌大さん(28歳)と女優の杏さん(30歳)の間に双子の女の子が誕生しましたね。少し早めの出産ですが、母子ともに元気だそうです。中国には「十月懐胎、一朝分娩」という言葉があります。分娩の瞬間までの妊娠の長い道のりを表した言葉ですが、無事、出産したからといって安心できません。出産は、女性の体に大きな負担をかけています。ましてや、難産や帝王切開でしたらなおさら。元の体力に戻るためには「産後の養生」をしっかりしなければなりません。「産後一か月から一〇〇日までは特に大事」です。

出産後一ケ月以内にかかった病気を「産後病」と呼び、100日以内に治さないと、今の育児、次のお産に影響を及ぼすといわれています。第2子不妊などはその例です。子育ては大変ですが大きな喜びでもあります。ママと赤ちゃんが元気になるような情報をご紹介しましょう。1歳児検診のとき、ママも1年生になるのですが、それを見事に描いた「感動CMパンパース編」をご覧ください。感動ものです。私は見るたびに涙が出ます。次回に続く。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます