「中国漢方と不妊症」
支援事業


ヤンキースの田中将大投手(27歳)とタレントの里田まいさん(31歳)のお子さんが今月中にお誕生のようですね。無事に元気な赤ちゃんが生まれることを願っています。もし、何か心配事があれば、茨城県には相談に乗ってくれるところがありますので、活用するとよいでしょう。医師や助産師、不妊カウンセラーが対応してくれます。体より、お金の問題だよという人は、「不妊に悩む方への特定治療支援事業」はいかがでしょう。平成28年4月1日から始まるこの新制度は、43歳未満の女性で体外受精・顕微授精以外の治療法では妊娠の可能性が少ないと医師に診断された夫婦が対象。初回が40歳未満の場合は通算6回、40歳以上43歳未満は通算3回まで、1回15万円の助成金が受けられます。ただし所得制限があり、夫婦合算で730万円まで。自治体によっては支援しているところもありますので、詳細はお問い合わせください。

漢方薬で体を整えることも重要です。中医学+西洋医学のいいとこ取りをした中西医結合を頭に入れておいてください。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます