「中国漢方と不妊症」
「芸能人の結婚」その④


今回もまたまた有名人の結婚報告です。女優の観月ありささん(38歳)。お笑いタレント、椿鬼奴さん(42歳)。TV朝日アナ、下平さやかさん(42歳)。3人の共通点は何でしょう。そう、年齢。アラフォーなんです。いつも申し上げているように、結婚に適齢期はありませんが、妊娠にはあります。中国漢方では女性は7の倍数で体に変化が現れるとしています。14歳で月経が始まり、21歳から成熟期に入り、28歳で最高となり、35歳を過ぎると徐々に老化が始まるというように。

特に「卵子の老化=卵子の質の悪化」が今、問題になっています。妊娠率が下がり流産率が上がるのはこのためです。中国広州の医科大学で研修したとき、不妊の研究をしている教授は、いかに受精卵の異常を防ぐかがこれからのテーマだと仰っていました。良質の受精卵を作り、いかに着床させるか、この辺に妊娠率を高めるヒントが隠されているような気がします。中国漢方でいう補腎、養血、活血を中心とした周期調節法は、これらの問題点を改善すべく生まれた不妊治療の一つです。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます