「中国漢方と不妊症」
中医学と不妊症「冷えと不妊」その1


中国の最新の不妊治療、周期調節法をご紹介して、多くの皆様に大変喜ばれています。しかし、ただ漢方薬を服用すればいいのではなく、養生も忘れてはなりません。不妊治療のキーワードは「冷やさないこと」。これには2つの意味があり、一つはこころ、もう一つは体です。お互いのこころの冷え、相性の悪さが気になります。お互い好きで結婚したのでしょうから、この機会にお互いを見つめ直してみませんか。さらに女性は、足腰の冷える方が多く、この冷えが卵巣や子宮の位置する骨盤内の血液の循環を悪くしています。卵巣に新鮮な温かい血液が十分に流れていなければ、卵胞はうまく育ちません。子宮では温かくて厚い内膜ができにくくなります。

このような方に私は、やけどをしないお灸療法を併用してもらっています。体、特に足腰が温まって、喜ばれています。簡易にできる方法なので、試してみる価値あり。不思議なもので、体が温まると心も温まってきます。気分もうつ状態から、元気が回復してきます。そして笑い療法も併用。次回も続きます。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます