「中国漢方と不妊症」
中医学と不妊症3「高齢出産」その3


「卵子の老化」という言葉には衝撃を受けました。でも考えてみれば長期にわたって肉体が不老ということはありえませんので理解できます。卵子は数だけでなく質も低下します。それは35歳以上の女性が自然妊娠できるのは、20代の半分と言われていることからわかります。高年齢の女性の卵巣の中身はミカン箱にたとえられるのをご存知ですか。卵子は、男性と違って新しく作られることがありません。時間が経つにつれてミカンを食べたり、腐ったりして数が減り、いいミカンを探すのに時間がかかるようになります。見た目は良くても中身は美味しくないものも。

卵子が成熟するのは卵胞期なので、味を良くする、つまり卵子を成長させ質を良くするには、この時期の治療を大事にしなければなりません。中国漢方ではホルモンの分泌を調節し、栄養分の血を補い流れを良くする補腎養血活血法を用い、卵子の成長と着床しやすい子宮内膜を作ることに目標をおきます。いい卵子ならば、母親の年齢と生まれてくる子供の能力は関係ないそうです。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます