「中国漢方と不妊症」
中医学と不妊症 その8「子宮内膜症」その3


子宮内膜症は中国漢方では血の巡りが悪い瘀血の状態と考えています。どの程度かチェックを。

【基礎体温の特長】
□月経がはじまってもなかなか体温が下がらない
□月経中、一度下がった体温がまた上がる
【月経の状態】
□色が赤黒い□レバー状の塊や粘膜のような塊が混じる□月経痛がひどい□月経前後に頭痛がひどくなる□月経前におなかが張って固くなる
【その他】
□子宮筋腫、子宮内膜症、チョコレート嚢腫、卵管癒着などがある□着床しにくい□抗リン脂質抗体がある□肩や背中が凝る□シミやそばかすが多い□あざができやすい

チェックが多い人ほど瘀血の症状が進んでいますので早目の対処が必要。基本処方は血の巡りを良くする活血化瘀薬と瘀血を素早く排出させる処方です。特に月経期は瘀血をしっかりと取り除くことが重要。赤ちゃんを迎え入れる部屋の大掃除です。月経痛は赤ちゃんをこのままでは迎えられないという悲鳴。早く何とかしてあげましょう。「月経痛はないのが当たり前なのですから」


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます