「中国漢方と不妊症」
排卵障害について


【高プロラクチン血症】
不妊原因の一つに高プロラクチン血症があります。プロラクチンとは出産時に脳下垂体から分泌される乳汁分泌ホルモンのことで、血液中のプロラクチン値が高値を示す場合が高プロラクチン血症です。プロラクチン値が上昇すると、乳汁の漏れや排卵障害、無月経が起こり不妊の原因に。また、卵胞が発育しにくく、たとえ発育しても排卵が起きにくい傾向にあります。ゆえに、卵胞期の基礎体温が不安定になりやすいという特長も。基礎体温表を見てください。体温が上下に波動していませんか。排卵期の体温上昇や月経時の体温下降はスムーズですか。

高プロラクチン血症の人はストレスを抱えがちで月経前に乳房が張る、イライラする人は要注意。昼間は正常値でも夜間に高値になることがあり、潜在性高プロラクチンとよばれます。プロラクチンは子宮にも影響するので着床しづらい、流産しやすいという習慣性流産の人も治療が必要でしょう。中医学ではプロラクチンの分泌を抑さえる「炒り麦芽」を周期調節法と併用します。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます