「中国漢方と不妊症」
AMH その1


排卵障害とは、卵が育たない、もしくは育っていても排卵しない状態をいいます。女性不妊の25%を占めているそうです。原因はともあれ、まず排卵しているかしていないか、ご自分の基礎体温表を見てみましょう。低温相と高温相の2相に分かれていますか。もしそうでないのなら、無排卵の可能性がありますので早めに病院で診てもらいましょう。

最近話題になっているのが、卵巣性の排卵障害。医療機関ではAMHが卵巣予備能のマーカーとして注目されています。卵巣は卵胞を保存しているところで、AMHは卵巣の中に卵子在庫がどのくらいあるのかを確認する目安マーカーです。それを早く知ることで、現在の適切な不妊治療は何か、いつまで不妊治療は可能か参考になるといいます。ただし、卵子の質を判断するものではありません。ある医療機関の医師は、妊娠するためには数も大事だがそれより卵の質であると言っています。高齢者は数より質というところに重点を置き、そのための漢方力を活用してほしいと思います。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます