「不妊症と中国漢方」120
「情緒不安と漢方」その2

私の友人の薬剤師は、体に表れるあまりの多くの症状にどんな病気か判断できないようです。いわゆる不定愁訴というものです。

西洋医学の診断では、簡単に言えば、自律神経失調症、とでもいうのでしょうか。
私は彼女に中国漢方の教科書を見せました。
今でも彼女の驚きの声を忘れられません。

「あったー。これよこれ!」

その指さした所は「肝気鬱結」という病名のところでした。

「私は気のせいじゃなかったんだ。ちゃんとした病気だったんだ。うれしーい。ありがとう。早速ここに書かれてある治し方と漢方薬を飲んでみるわ」

私なんかは、何でもないと言われたほうがうれしいのですが、彼女の場合、はっきりとした答えがあったほうがよかったのでしょう。1週間ほど経ってから、彼女から感謝の電話をいただきました。

次回はこの治療法を具体的にご説明いたしましょう。

≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます