〔ストレスと不妊症〕
ストレスも不妊の原因となることがあります。まず、ご自分の基礎体温表をご覧ください。月経は定期的に来ていますか。早まったり、遅れたり、不規則で乱れていませんか。いつ排卵したか分かりますか。「40時間以内に排卵する」と思われても、実際に排卵するまでには4日以上かかることはありませんか。精神状態はいかがですか。不妊治療に非常にストレスを感じていませんか。月経が来るたびに非常に落ち込む(結婚前はあれほどうれしかったのに)。ご主人や周りの人に対して不満やいらだちを感じ、特に月経前はイライラして、怒りっぽくなる。特にひどい人は、ちょっとしたことや言葉に激しい憤りを感じ、会話が成り立たなくなってしまいます。これは、元々の性格の真面目さに、子供が生まれないことを苦に病み、さらに、不妊症に過度の期待をかけすぎて大きなストレスになってしまうからです。この人達にとって大事なことはあせらないこと。特に不妊症治療では少なくとも1年位は時間をかける気持ちを持つことが大切。たまには、夫婦で温泉でのんびり、という精神で。次回は、中国漢方によるストレスに負けないからだづくりについてお話します。

≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
                                                            サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます