「中国漢方と不妊症」
ママになる前に


赤ちゃんを妊娠・出産するためにママを健康な体にしておく必要があります。次のことに注意しましょう。(1)妊娠・出産時における合併症予防のため、健康診断で異常があったら治しておく。(2)風疹に罹ったことがなく、風疹のワクチンを打っていない人は妊娠の2ヶ月以上前に受ける。(3)22時までに就寝。卵が成長する卵胞発育期は、体を休めて卵の原料を消耗しないように。いい卵が取れなかった人、育たない人は特に注意。(4)適正体重を守る。BMI=体重(kg)÷身長(m)×身長(m)で22に近いほど健康と言われています。BMIが30以上だと妊娠に時間がかかり自然流産しやすくなる。29以上で排卵しない人は、減量すると排卵が起こりやすい。19未満で無月経か月経不順の人は体重を増やすと妊娠しやすくなる。(5)葉酸のサプリメントをとる。妊娠時の葉酸の摂取を厚労省も勧めています。赤ちゃんの神経系の異常や口唇口蓋裂の予防や妊娠中の貧血、妊娠高血圧症候群(妊娠中毒症)の予防になります。費用は1日分10円以下。今日から始めましょう。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます