「中国漢方と不妊症」
「名言」と「迷言」


不妊症でお悩みの方が発する言葉には、重みがあります。でも時には気楽に受け止めてよいのでは。「辛いときには思いっきり泣くと気分が晴れるの。目も腫れるけど。鏡を見ると笑ってしまう顔よ」。顔も晴れますね。だから私は、がんばれ(顔晴れ)と応援しています。

「不妊治療を始めたら、二人の快適なコミュニケーションだったセックスが子作りのための射精に。そしたらセックスが嫌で億劫になりました」。これは、男として共感できます。心と快楽の伴わないセックスは虚しいものです。

「夫婦間の問題は本音で話し合うこと。その時に『私は』から始めるの。『あなたは』はダメ。男は責められると逃げちゃうし、反撃する。『あなたはなぜ優しくしてくれないの』ではなく『私は悲しい』なの」。『優しくして』と言われた男性は、そうするはず。「なぜ」「どうして」は使わないほうがよいですね。多くの女性はただでさえ自分を責めているのに、さらに責めるだけです。気楽な人生より喜楽な腎精。これが不妊治療の大切なキーワード。意味わかりますか。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます