「特別編」
東日本大震災の後遺症について


東日本大震災に被災された方には心よりお見舞い申し上げます。

去年からの異常気象現象。猛暑・大雪・大地震・津波そして原発。いい加減にしてくれという感じです。停電、断水。電気がついたとき、水道から水が流れたとき、日頃当たり前のことが、これほど凄いこととは思いもしませんでした。「命が助かって良かった」と思いました。でも、こころは多くのダメージを受けています。

地震直後は、恐怖や不安、悲しみなどのストレスを感じて、自律神経系の交感神経が過剰緊張状態に。そしてこれが長く続くと、体の防衛反応でこれらを改善しようと副交感神経優位になり、体は元の状態に戻ってきます。しかし、余震、原発問題というストレスがこの流れを妨げてしまいます。これらの自律神経系のバランスを整えるのがエゾウコギ(中国名:刺五加)、シベリア人参という名前で市販されています。これをベースに▼「地震酔い」で目まい、吐き気を伴う人、舌に白く厚い苔がついている人は半夏白朮天麻湯を併用。▼苔が薄く、動悸を感じるときには苓桂朮甘湯。▼不安、不眠がある人には不眠の良薬、酸棗仁湯をベースに用います。▼興奮して眠れない、寝つきが悪い、口の中が粘る、便秘気味の人には柴胡加竜骨牡蠣湯を。▼びくびくする、不安感、決断に迷う、胸苦しい人には星火温胆湯。▼細かい事が気になる、怖い夢を見る、寝つきが悪い、少し動くと動悸がする人には桂枝加竜骨牡蠣湯を。▼のぼせ、ほてり、気分が高まり寝付きが悪い、舌に苔が見られない人には加味逍遙散合天補心丹を併用。▼疲れ、だるさを感じてきたら西洋人参で気力を充実させましょう。不妊治療中の方の基礎体温表を拝見すると、月経周期が乱れていました。地震によるストレスの影響と思われます。

日本人は昔から自然災害に非常に慣れており、危機後の復旧、復興に強いそうです。ここで、茨城県人として茨城賢人の力を発揮しましょう。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます