「妊娠力UP大作戦 」
妊娠力を上げる3つの対策 その2「ストレス」編(3)


「本当に物事には2面があるのよね」とおっしゃるK子さん(37歳)。35歳で結婚し、仕事をしながら子作りに励んでいます。「結婚前には、あれほど嬉しかった月経が、結婚して子どもが欲しくなったら、あんなにも辛いものになるなんて考えもしなかったわ」。子どもなんて、作ろうと思えばすぐにできるものと思っていたそうです。「こんなことなら、月経が多少遅れたくらいで焦ることなかった」とも言います。子どもは欲しい、結婚はまだ。でも、できちゃったら彼と結婚してもいいな。こんな人には卵巣や卵子の老化が目立つ前に、中医学でいう生殖の精が少なくなっていく前に、子作りを楽しんでほしいと思います。K子さんには、年齢的に時間がないのですが、ここは焦らずにじっくりと行きましょうとお話しました。仕事上、ストレスがかかり、イライラしやすいので抗ストレス作用のある逍遙散とシベリア人参を中心に漢方薬を飲んでもらっています。不妊治療をしている人は十中八九、心にストレスを抱えています。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます