「妊娠力UP大作戦 」
妊娠力を上げる3つの対策 その5「冷え」編


「今年の夏は、寒くて寒くてとても辛いのよ~」とおっしゃるJ子さん(37歳)。勤務先では、暑さのせいか、クーラーの使用量が半端じゃなく、ひざ掛け、セーターは必需品だとか。

不妊の問題も抱えているので治療には、冷えと両方をとる方法を勧めました。漢方薬はまず、血を増やして巡りを良くし、体を温める作用のある、中国から輸入されたシロップ状の当帰配合漢方薬。不妊関係の書籍でも、よく紹介されているものです。

これに、生殖器系やホルモン系を温めて働きを強化する参茸補血丸、疲れやすく肌がかさかさしているので胎盤エキスも服用してもらいました。

1週間後に見えたJ子さん。漢方薬を飲みはじめた翌日から、体がとても温まるのを実感したそうです。さらに、今まで以上に寝つきがよくなり熟睡し、朝もすっきり起きられ、疲れにくくなりました。そしてなんと、肌のかさつきがなくなって、化粧ののりが今まで以上に良くなったそうです。

こんな素敵なママなら、きっと赤ちゃんも…。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます