「不妊症と中国漢方」
山東中医薬大学附属病院 不妊症研修 その10


前号からの続きです。今回も話半分で聞いて下さい。

中国漢方では、人間の体には気・血・水の3つがあり、これらが体内の経絡というルートの中を流れて生命を維持していると考えています。順調に流れていれば健康、そうでなければ病気。流れを邪魔するのが邪気。対抗するのが正気です。

中国の神聖な信仰の山「泰山」での不思議な体験は私の体に正気を多くもたらし、患者さんの邪気を今まで以上に取り除くことが出来るようになりました。ところがまだ未熟だったのか、患者さんの邪気が自分の体に移ってしまったのです。患者さんの邪気を追い払う方法を身につけておらず、体に異変が起こりました。めまい、首の痛み、だるさ、背中の痛み。これらは一見何の関連も無さそうですが、中国漢方を勉強していると一つの関連した病気であることが分かりました。

もしこれを読んでいるあなたが似たような経験をしていたら。それが西洋医学で何の異常もないものだとしたら・・。次回も続きます。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます