「不妊症と中国漢方」
特別編


皆様、明けましておめでとうございます。お陰様でフローラ薬局が提案している周期調節法による赤ちゃん誕生は、昨年も多くの方に喜ばれました。今年も赤ちゃんの写真が送られてくるのが楽しみです。写真は、当薬局の相談室に飾っています。かわいい赤ちゃんの写真を見た方達は、私も頑張ろうという気になるそうです。昨年、妊娠をした方の年齢は33歳~34歳と37歳~38歳が多く、早い人は漢方薬治療を開始して3か月で妊娠。印象に残っている方を紹介しましょう。

A子さん 4ヶ月目で妊娠。予想より早くてびっくり。先生のブログを不安で眠れない時に読んでいます。東茨城郡(34歳)
篠原 ありがとうございます。無い知恵を無理に絞っているので、最近髪が薄くなってきました。これ以上悪くならないよう漢方薬を服用中です。
B子さん お腹が冷えているということで漢方薬と身体を温める針灸温熱療法を併用し、7ヶ月目で妊娠。心の冷えも取れ、夫にやさしい自分になれました。 東海村(39歳)
篠原 こういう方は血の巡りが悪く子宮内膜が厚くならず、着床しにくいようです。山東中医薬大学でも子宮を温めていました。内と外から温めると効果が高いようです。
C子さん セカンド不妊。基礎体温が不安定のため、体を整えました。基礎体温がきれいになると同時に妊娠。3ヶ月目でした。 水戸市(33歳)
篠原 セカンド不妊はストレスの影響が大きいと思います。一人いる安心感と、一人しかいない不安感が入り交じります。ゆっくり体を整えてコウノトリを待ちましょう。
D子さん 不妊治療4年、漢方治療が8ヶ月。こんなに早く妊娠するとは。漢方薬で妊娠力が高まっていたんですね。 ひたちなか市(34歳)
篠原 意外と多いのがこのタイプ。少し妊娠力が足りなかったのでしょう。妊娠までもうひと息という方が結構います。

今年も中国で学んだ漢方と針灸療法で皆様の夢の実現のためのお手伝いをさせていただきます。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます