「不妊症と中国漢方」
不妊カウンセラー学会に参加して その3


ある講演会で不妊治療で有名なお医者さまがとても面白い話をしていました。前回、女性の体は「血」が重要だとお話したことを、まず頭に入れておいてくださいね。そのお医者さまのお話によると、妊娠に必要なものは子宮、卵巣、卵管の3つ。これらは血の栄養によってその役割を果たしているそうです。ですから、いかに新鮮な血液を充分に必要量をめぐらせておくかが重要なのだとか。これを西洋医学で行えばビタミンEやCが使われるとのこと。でも、その効果は漢方薬にはかなわないそうです。昔から婦人科のお医者さまが漢方薬を多く取り扱ってきたのは、恐らくこのことを考えているのではないでしょうか。

最近の若い女性のファッションや食事の取り方は血をないがしろにしているような気がします。このことが不妊につながらなければよいのですが。特に不妊で悩む方は、もう一度原点に戻って、赤ちゃんが住みたくなるような体作りをしたほうがよいでしょう。中国漢方の役割はここにあると思います。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます