「不妊症と中国漢方」
不妊カウンセラー学会に参加して その2


中国では不妊治療に対して、西洋医学と中国漢方のそれぞれの特長を補い合う「中西医結合」という治療法が多く用いられているそうです。この方法をさらに詳しく知るために私は、11月の下旬に中国、山東中医薬大学に研修に行く予定でいます。中国の不妊治療は日本とどのように違うのか、中国漢方は西洋医学の不妊治療方法にどう関わり、効果を上げているのか楽しみです。

女性の生理機能は月経との関係が深いために「血」が重要です。女性の体には、新鮮な血液が体の隅々まで充分に、スムーズに流れていることが大切です。不足すると、月経量が少ない、出血期間が短い、子宮内膜が薄い、着床障害、黄体機能不全などがみられます。この考えも中西医結合の考え方の一つです。

血の巡りが悪い場合(これを瘀血という)、西洋医学で言うところの月経痛、子宮内膜症、子宮筋腫、多嚢胞性卵巣症候群、卵管の癒着、月経血の塊などが現れます。

中国漢方によるこれらの改善は、妊娠のためにとても重要です。


≪戻る  閉じる  次へ≫

             Flora Web Site Since2002.January フローラ薬局 1996 All Rights Reserved. Link free
サイト内に掲載されている全ての画像の無断転載禁じます